今-のカレンダー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

エネミオライッ

enemy of lifeの前奏長すぎィ!!(挨拶)

もんじんさんがトミー版ゾイドを弄ると聞いて、私も久々に触ろうかな~と思って積みから引っ張り出してきたのが
DSCN6812.jpg
これ。
フューザーズ放送終了時に投げ売られてたのを確保した奴ですw
無印・/ゼロは好きなんですが、3作目のフューザーズは個人的にあんまり・・・・。
実際この辺りで熱が冷めてあまり買ってません。(ジェネシス以降は多少持ち直しました)
コマンドウルフはシリーズ通しての愛機なのでアニメ放送時に出たのは毎回買ってましたねぇ。
バリエではLCが1番好きかな。
今回はこの機会でないと組むことが無いであろうACを選択。
DSCN6813.jpg
今見ても悪くない懐かしいスタイル。
一部金型がずれてる部分と埋め難い肉抜きが気になるとこですが、サクッと塗装だけして仕上げようかな?

スポンサーサイト

製作したDTAまとめ

今までの不調は何だったのか?と思う程、快調にDTAを仕上げてます。

3体目はグリーン系でミリタリー仕様。
DSCN6775.jpg
得物はブキヤのウェポンユニット01 のマシンガン。そして地味に初回生産のやつです。
ブキヤがヒュッケバインのプラモを発売した頃に買ったのでかなり前。この機会が無かったら未だに眠ってたかもしれない。
DTAG.jpg

4体目はお約束のメカクレ。
うちに来たメカ少女は大抵メカクレか片メカクレになります。
マスターの性癖だからね。仕方ないね。
DSCN6795.jpg
珍しくメタリック塗装をしてMrメタリックカラーGXにハマるきっかけに。
メタリック系はガイアのメタリックマスターでかなりギラつきが抑えられ上品な光沢に仕上がりますね。
これからは偶にラッカー系も使って行こうかな。
MEKAKURE.jpg

2体目は太陽炉搭載型。
順番が前後してるのは4体目を塗装中に塗り直したため。
DSCN6791.jpg
色合いが主人公機っぽい。
塗り直す前はこうでした。
DSCN6746.jpg

GN.jpg

GN2.jpg

部分的に蛍光カラーを使用してブラックライトで発光するようにしてます。
やっぱりGNドライヴは光らないとね!

【チラ裏】
DTAの収納は100均にあるプチコンテナや引き出しがお勧め。
コンテナ

収納

軽装の子(スカウト・インターセプター)や素体のみなら3個セットのプチコンテナ。
重装の子(上記以外)なら2個セットのコンテナか引き出し。
引き出しにはロゴステッカーも貼れて色々捗る。

メカクレシルフィー製作中

相変わらずの猛暑で体の調子狂いっぱなし。(挨拶)

今回は定番のメカクレ改造です。
当初から行う予定が、前髪の複製と造形が中々上手くいかず先延ばしになり、4体目にしてやっと形になってきました。
DSCN6782.jpg
造形は、おゆまる複製からのパテ盛りにて。

DSCN6783.jpg

DSCN6784.jpg


DSCN6787.jpg
久しぶりにメタリックカラーを使いたくなったので、胴体は部分塗装にクレオスのメタリックカラーGX(メタルバイオレット)を使用。
溶剤にガイアのメタリックマスターを使用すると筆塗りでも綺麗に塗れるうえ、メッキの様な質感になって非常に好い。
PVCへの乗りも良好で塗膜もかなりの強度。ラッカー系の臭いは未だに苦手ですが、たまに使ってみるのも悪くないですね!
水性と違って、筆に含ませた塗料を伸ばすのではなく、そっと置いていく様に塗ると上手く出来る感じ。
何年かぶりのラッカーですが、シンナーの揮発が凄まじいですね。こんなに常に溶剤供給しなきゃ駄目だったかなぁ?
そういえば最後にMrカラーで筆塗りしたの中学の時に作ったトールギスⅡだったな確か。(どうでもいい)
DSCN6788.jpg
1度使ってみるとすっかりメタリックカラーGXに魅了され、既に塗装済みだった2体目の塗装をわざわざ落としてまでメタルダークブルーも使う。
シンナー臭いのを我慢してでも使う価値がGXにはある!あった!

シルフィー ガブリーヌカラー

前回に続いてデスクトップアーミーです。
最初に買った1体目のシルフィーは頭髪の造形がガブリーヌに若干似てるなーと思い、ガブリーヌカラーにリペ。
DSCN6725.jpg
素体のディテールが神姫の素体に近い雰囲気で、塗り分けるだけでそれらしくなりました。
アイリペは未だに上達せず残念な仕上がり・・・。
好きな神姫の色なのもあり、久々にやる気スイッチが入ったのか、3日ほどで塗装完了。
発売前からどう塗ろうか考えてて楽しみでしたからね~。

DSCN6731.jpg

DSCN6733.jpg

DSCN6732.jpg
塗装はお決まりのファレホ。今回は素材がPVCなため、塗装後遊ぶのも考慮して下地にプライマーも塗り、塗膜剥がれ対策を念入りにしてます。
まあそれでも剥げる時は剥げちゃうんですけども。やらないよりマシかなぁと。
ラッカー・シンナーが使える環境で体質的にも問題が無いのならガイアカラーなんかで塗った方が良さげ?

DSCN6730.jpg
【塗装について】
DTAを塗装する際はしっかりと洗浄した後に、可塑剤対策と塗料のノリを向上させるため、プライマーを塗布するといいかもしれません。(マルチプライマーやメタルプライマー改等)
プライマーを使い慣れていない方は乾燥させてもベタつきが残るのを気になされると思いますが、むしろそのベタつきが塗料の食いつきを助けているので気にしなくて構いません。
ホコリを吸着し易いので既定の乾燥時間が終わったら直ぐに塗装しましょう。


DSCN6739.jpg

なお、1本3000円前後とお高いですが個人的にプライマーZのクリアがお勧め。というのも、これさえあればABS・ポリ・PVC・ナイロンに塗装が可能となる上、こちらはベタつかないので強固な艶消しコートとしても使用可能な為です。
容量も多く、性能を知れば手放せなくなる逸品。最近の仕上げは専らこれです。お試しあれ。

塗料は私の様にシンナーが苦手で水性しか使いたくないならシタデル・ファレホ・セラムコートが便利です。
これ等は筆塗りに特化しており小さなDTAを塗るのにピッタリ。塗膜に柔軟性があり、曲げても割れと剥がれは有りません。
塗った直後の塗膜は爪で剥がれる弱さですが、時間を掛て硬化させることで実用強度に達します。
これは塗料の特性ですので、塗装後触るのは最低でも1日空けてからが望ましいです。
厚塗りすると外側だけが乾き中が何時までも乾燥しないので薄めた色を数回に分けて塗り重ねるのを心がける事。
希釈は水でも可能ですが、ファレホのシンナーやメディウムが上記3種に使用可能。塗膜の強度を上げたり乾燥時間の調節の面で有効ですので、持っておくと便利でしょう。
この3種の水性塗料は国内の水性と性能が違い、色々とクセが有り慣れるまで手間取る塗料ながら、優秀な発色と悩むほど多くある色数は大きな魅力です。
塗料の伸びもよく、筆ムラもほぼ出ません。筆塗りってこんなに楽しかったの!?と思える秀逸さですので、機会が有れば1度手に取って頂きたい。

今回はここまで。

※2016╱8/22追記
DTAにファレホで塗装すると若干ペタつくので仕上げにクリアーコートを忘れずに。
1度に多量に吹くと塗膜が溶けるので、砂吹きで少しずつ乾燥させながら行いましょう。

デスクトップアーミー

暑い日が続いておりますが皆さまお元気でしょうか?私は7月早々に腹を壊し記憶が有耶無耶になるほど寝込みました。
この時期お腹下すとキツイぞ!体調管理には気を付けろ!(挨拶)

さて、2月から予約して楽しみだったメガハウスのデスクトップアーミーがやっと届く。
情報が出て開発ブログが始まった辺りからずーっと待ち遠しかったんですよね~。
ブラインドで1つ1500円はちょいとお高い気もしますが、現物弄ってるとあまり気になりません。
神姫やホイホイさんと同じ1/1の等身大。小型ロボはイイ・・・・。
DSCN6736.jpg
大きさはミクロマンくらいの80mm。武装はどれが当たっても構わないのだけれど、右左中央の目線までランダムなのは気になるところ。
とりあえず「私はアイリペやアイデカールでのカスタムをするきっかけと思って気にしないようにしましたw
DSCN6737.jpg
可動範囲は腰が回らない以外は小サイズながら優秀。ただ、素体のポロリが酷い。ここがかなりの残念ポイント。
付属の拡張ジョイントで可能になる体育座りが可愛かったりと、商品のポテンシャルは高いのですが・・・・・・・。
関節のボールジョイントは市販パーツに置き換えしたり瞬着などで抜け難くする等、対策を講じる必要があるかと。
この商品を楽しむにあたって、唯一の壁ですね。次弾からは改善されるだろうか?
DSCN6738.jpg
関節の保持力さえなんとかすればガンプラのパーツなどでガンガンカスタマイズして遊べます。
HGキットには小さすぎる武装もDTAには適度なサイズ。大き目の武器は巨大武装に。
使えるパーツ探しに時間を吸われる!リペや表情のカスタムも楽しい!そしてカワイイ!
DSCN6720.jpg
全部無表情なのも寂しいので1体は笑顔に。口を彫りこみパテで内部を成型。
DTAの顔パーツがWFで出てましたが、買いに行けなかった私は自作の道しかないのです・・・!
顔パーツのセットをメガハウスからも出してほしいですねぇ。デカールとセットで。

~~~~~~~~次回に続く~~~~~~~~

c
プロフィール

romlus

Author:romlus
【水谷優子さんの訃報に咽び泣くromlusの図】
(筆で)塗らないか?
意地でも筆塗りで塗装したい偏屈モデラーです。
サフとクリアー以外のスプレーは基本使いません。
作るキットはキャラクターモデル全般。

※ガールズ&パンツァーのおかげで充実した日々を過ごしています
※武装神姫はガブリーヌが居ればそれでいい
※リンクは適当にどうぞ
※タウイタウイ泊地にて提督に就任。狼武提督をよろしくなのです!

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitter